北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

講師・外来医長 杉山 拓

SUGIYAMA TAKU

■ 専門分野

脳血管障害

■ 資格

日本脳神経外科学会認定医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医 
日本脳卒中の外科学会技術認定医・指導医 

■ 略歴

2003年:筑波大学医学専門学群 卒業
2011年:北海道大学大学院医学研究科医学専攻 博士課程卒業
2015年:カルガリー大学留学
2018年:北海道大学病院 助教・外来医長
2021年:北海道大学病院 講師・外来医長

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会・日本脳神経外科コングレス・日本脳卒中学会・日本脳卒中の外科学会・日本頭蓋底外科学会・日本脳循環代謝学会・スパズム・シンポジウム・日本再生医療学会・日本コンピュータ外科学会・日本脳神経血管内治療学会・脳神経外科手術と機器学会

■ 主要論文

1. Sugiyama T, Clapp T, Nelson J, et al.; Immersive Three-Dimensional Virtual Reality Modeling for Case-Specific Presurgical Discussions in Cerebrovascular Neurosurgery; Operative Neurosurgery 16:289-299, 2021

2. Sugiyama T, Nakayama N, Ushikoshi S, et al.; Complication rate, cure rate, and long-term outcomes of microsurgery for intracranial dural arteriovenous fistulae: a multicenter series and systematic review; Neurosurgical Review 44:435-450, 2021

3. Sugiyama T, Nakamura T, Ito Y, et al.; A pilot study on measuring tissue motion during carotid surgery using video-based analyses for the objective assessment of surgical performance; World Journal of Surgery 43:2309-2319, 2019

4. Sugiyama T, Lama S, Gan LS, et al.; Forces of Tool-Tissue Interaction to Assess Surgical Skill Level; JAMA Surgery 153:234-242, 2018

5. Sugiyama T, Kazumata K, Asaoka K, et al.; Reappraisal of microsurgical revascularization for anterior circulation ischemia in patients with progressive stroke; World Neurosurgery 94:434-444, 2015

■ メッセージ

脳血管障害に対する外科治療、脳卒中診療を専門としており、さらに、頭部外傷やてんかん外科、小児脳神経外科などを、幅広く担当しています。また、未来につながり世界に発信できる外科医教育・診療支援機器開発などを研究分野としており、これらを通して、医療に貢献したいと考えています。

助教・副医局長 伊東 雅基

ITO MASAKI

■ 専門分野

脳血管障害(脳卒中の診断と治療、脳卒中の外科、もやもや病)

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術認定医・指導医
日本脳神経血管内治療学会ほか三学会認定 脳血栓回収実施医
臨床研修指導医

■ 略歴

北海道札幌市出身
2003年:筑波大学医学専門学群卒業 医師免許取得
2003年:北海道大学 脳神経外科に入局(第3代 岩崎 喜信 教授)
2012年:北海道大学大学院医学研究科 博士課程(博士号[医学])
    (第4代 寳金 清博 教授)
2015年:米国スタンフォード大学脳神経外科 基礎研究留学(Gary K. Steinberg lab)
    (脳卒中後の機能回復、もやもや病のトランスレーショナルリサーチ)
2021年:北海道大学病院 脳神経外科助教(第5代 藤村 幹 教授)

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳循環代謝学会

■ 主要論文

1. Ito M, Aswendt M, Lee AG, et al. :RNA-Sequencing Analysis Revealed a Distinct Motor Cortex Transcriptome in Spontaneously Recovered Mice After Stroke. STROKE 49(9):2191-2199, 2018

2. Ito M, Shichinohe H, Houkin K, Kuroda S:Application of cell sheet technology to bone marrow stromal cell transplantation for brain infarct in rats. J TISSUE ENG REGEN M. 11(2):375-381, 2017

3. Ito M, Niiya Y, Kojima M, et al. :Lateral Position of the External Carotid Artery: A Rare Variation to Be Recognized During Carotid Endarterectomy. ACTA NEUROCHIR Suppl. 123:115-22, 2016

4.Ito M, Kuroda S, Sugiyama T, et al. :Transplanted bone marrow stromal cells protect neurovascular units and ameliorate brain damage in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. NEUROPATHOLOGY 32:522-533, 2012

5.Ito M, Kuroda S, Sugiyama T, et al. :Validity of Bone Marrow Stromal Cell Expansion by Animal Serum-Free Medium for Cell Transplantation Therapy of Cerebral Infarct in Rats—A Serial MRI Study. TRANSL STROKE RES. 2:294-306, 2011

■ メッセージ

2021年4月から新たに教員として赴任いたしました。これまでに患者さんや諸先輩から学び、培った経験と知識をもとに、臨床・研究・教育に注力し、脳神経外科疾患を患う方々のお役に立てるよう、自分自身も、周りも明るく楽しく取り組みたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

助教(研究担当) 川堀 真人

KAWABORI MASAHITO

■ 専門分野

脳血管障害、外傷性脳損傷、機能神経外科、幹細胞研究

■ 資格

臨床研修指導医
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内学会専門医
日本脳卒中学会認定医・指導医
日本再生医療学会認定医
日本救急医学会 ICLS(心肺蘇生)インストラクター

■ 略歴

北海道大学卒業
2011年:カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)留学
2016年:北海道大学医学部脳神経外科 特任助教
2018年:北海道大学病院 脳神経外科 特任講師
2019年:北海道大学病院 神経細胞治療研究部門 特任准教授
2021年:北海道大学医学部脳神経外科 助教

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会(国際教育小委員・同時通訳団)
Mt. Fuji workshop on CVD(運営委員)
米国脳卒中学会(ASA)(フェロー;FAHA、脳卒中評議員;Stroke Council)

■ 主要論文

1. Cell Therapy for Chronic TBI: Interim Analysis of the Randomized Controlled STEMTRA Trial. Neurology. 2021 Jan 4;96(8):e1202-14

2. Clinical Trials of Stem Cell Therapy for Cerebral Ischemic Stroke. Int J Mol Sci. 2020 Oct 6;21(19):7380.

3. Characteristics of Symptomatic Intracerebral Hemorrhage in Patient Receiving Direct Oral Anticoagulants: Comparison with Warfarin. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2018 May;27(5):1338-1342.

4. Triggering receptor expressed on myeloid cells 2 (TREM2) deficiency attenuates phagocytic activities of microglia and exacerbates ischemic damage in experimental stroke. J Neurosci. 2015 Feb 25;35(8):3384-96.

■ メッセージ

脳血管障害(脳梗塞等)を専攻しています。また間葉系幹細胞を用いた脳の再生医療(RAINBOW研究)などの橋渡し研究や大学発ベンチャーの起業など新たな治療法の開発にも注力しています。再生医療に関して一般向けのホームページを作りましたので興味ある方は見てください (https://kawabori-neurosurgery.com/) 。