北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

助教(教育担当) 茂木 洋晃

MOTEGI HIROAKI

■ 専門分野

脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、間脳下垂体腫瘍

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
神経内視鏡技術認定医
がん治療認定医

■ 略歴

北海道大学卒業
研修病院歴:市立函館病院、北大病院、釧路労災病院、苫小牧市立病院、帯広厚生病院
2013年4月~2019年3月:北海道大学 脳神経外科 特任助教
2018年7月~2018年12月:インド SAKRA WORLD HOSPITAL 臨床留学
2019年4月~:北海道大学 脳神経外科 助教

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍の外科学会
日本神経内視鏡学会
日本間脳下垂体学会

■ 主要論文

1. Motegi H, Yamaguchi S, Okamoto M, Ishi Y, Endo S, Kaneko S, Kobayashi H, Terasaka S, Houkin K:Novel risk factors and management of brain sag after brain tumor surgery Interdiciplinary Neurosurgery 2020

2. Yukitomo Ishi, Shunsuke Terasaka, Hiroaki Motegi:Retrosigmoid Intradural Suprameatal Approach for Petroclival Meningioma. Journal of neurological surgery. Part B, Skull base 2019

3. Motegi H, Kobayashi H, Terasaka S, Yamaguchi S, Ishi Y, Ito Y, Houkin K. Application of endoscopic ultrasonography to intraventricular lesions. Acta Neurochir (Wien). 2016 Jan;158(1):87-92

4.Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Houkin K.:Type 1 collagen as a potential niche component for CD133-positive glioblastoma cells. Neuropathology. 2014 Aug;34(4):378-85.

5.Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Yamaguchi S, Tanino M, Murata J, Houkin K. :IDH1 mutation as a potential novel biomarker for distinguishing pseudoprogression from true progression in patients with glioblastoma treated with temozolomide and radiotherapy. Brain Tumor Pathol 2012 Jul 3.

■ メッセージ

北大 脳神経外科に入局し、はや10数年…。「患者第一」で診療に取り組む先輩方の影響か、自身も「何が患者さんのためにベストなのか」模索しながら診療をしています。その様な中で、先輩達から受け継いだ知識、経験、技術を後輩たちに良い形で繋いでいくことが自身に課せられた最も重要な任務だと考えています。

助教 岩崎 素之

IWASAKI MOTOYUKI

■ 専門分野

脊髄脊髄外科

■ 資格

日本脳神経外科学会 専門医
日本脊髄外科学会 指導医 認定医
脊椎脊髄外科 専門医(NSJおよびJSSR認定)

■ 略歴

旭川医科大学卒業
2011年~2013年 Toronto Western Hospital (Canada)留学

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本脊髄外科学会 学術委員+生涯教育委員
AO Spine  delegate
日本MIST(最小侵襲脊椎治療)学会 北海道支部世話人
日本低侵襲・内視鏡脊髄神経外科学会

■ 主要論文

1. [Function and Anatomy of the Spinal Cord]. Iwasaki M. No Shinkei Geka. 2021 Nov;49(6):1141-1150.
2. Synergistic effects of self-assembling peptide and neural stem/progenitor cells to promote tissue repair and forelimb functional recovery in cervical spinal cord injury. Iwasaki M, Wilcox JT, Nishimura Y, Zweckberger K, Suzuki H, Wang J, Liu Y, Karadimas SK, Fehlings MG. Biomaterials. 2014 Mar;35(9):2617-29.
3. Decreased Value of Highly Accurate Fractional Anisotropy Using 3-Tesla ZOOM Diffusion Tensor Imaging After Decompressive Surgery in Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy: Aligned Fibers Effect. Iwasaki M, Yokohama T, Oura D, Furuya S, Niiya Y, Okuaki T. World Neurosurg X. 2019 Jul 26;4:100056.

■ メッセージ

脳神経外科で普及している顕微鏡を用いた手術が中心です。それにより「安全で確実な」脊髄腫瘍/血管障害手術と「低侵襲」(より筋肉の展開を抑え、出血量を低減し感染を抑制する)脊椎外科手術を主軸としています。脊髄腫瘍、脊髄血管障害、先天奇形、頚椎/腰椎変性疾患などに対応しています。頚椎人工椎間板置換(TDR)、腰椎前側方進入椎体間固定(OLIF)、バルーン椎体形成(BKP)の手術資格。

ICT医療連携部門 特任助教 内野 晴登

UCHINO HARUTO

■ 専門分野

脳血管障害

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医・指導医

■ 略歴

2008年 北海道大学医学部卒業
2008年 帯広厚生病院臨床研修医
2009年 北海道大学病院 臨床研修医
2010年 札幌麻生脳神経外科病院 脳神経外科医師
2011年 北海道大学病院 脳神経外科医員
2012年 小樽市立病院 脳神経外科医師、北海道大学病院 脳神経外科医員
2013年 苫小牧市立病院 脳神経外科医師
2014年 北海道大学病院 脳神経外科医員
2017年 北海道大学大学院医学研究科博士課程修了
2017年 富山大学医学部 脳神経外科助教
2018年~2020年 米国スタンフォード大学ポストドクトラルフェロー
2020年 渓和会江別病院 脳神経外科医長
2022年 北海道大学病院 脳神経外科医員
2022年 北海道大学病院 ICT医療連携部門 特任助教

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳循環代謝学会

■ 主要論文

1. Uchino H, et al. Crossed cerebellar diaschisis as an indicator of severe cerebral hyperperfusion after direct bypass for moyamoya disease. Neurosurg Rev. 2021 Feb;44(1):599-605.
2. Uchino H, et al. Using postoperative remodeling of donor arteries on MR angiography to predict the development of surgical collaterals in moyamoya disease. J Neurosurg. 2019Nov 8:1-9.
3. Uchino H, et al. Synergistic Interactions Between Direct and Indirect Bypasses in Combined Procedures: The Significance of Indirect Bypasses in Moyamoya Disease. Neurosurgery. 2017 Feb 1;80(2):201-209.
4. Uchino H, et al. Edaravone Reduces Hyperperfusion-Related Neurological Deficits in Adult Moyamoya Disease: Historical Control Study. Stroke. 2016 Jul;47(7):1930-2.
5. Uchino H, et al. Predictors and clinical features of postoperative hyperperfusion after surgical revascularization for moyamoya disease: a serial single photon emission CT/positron emission tomography study. Stroke. 2012 Oct;43(10):2610-6.

■ メッセージ

これまで脳卒中を中心とした診療に携わり、脳卒中の外科手術のトレーニングを受けてきました。もやもや病の臨床・基礎研究も行ってきたほか、医療ICT普及に関する研究も新たに開始します。