北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

助教(教育担当) 茂木 洋晃

MOTEGI HIROAKI

■ 専門分野

脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、間脳下垂体腫瘍

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
神経内視鏡技術認定医
がん治療認定医

■ 略歴

北海道大学卒業
研修病院歴:市立函館病院、北大病院、釧路労災病院、苫小牧市立病院、帯広厚生病院
2013年4月~2019年3月:北海道大学 脳神経外科 特任助教
2018年7月~2018年12月:インド SAKRA WORLD HOSPITAL 臨床留学
2019年4月~:北海道大学 脳神経外科 助教

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本頭蓋底外科学会
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍の外科学会
日本神経内視鏡学会
日本間脳下垂体学会

■ 主要論文

1. Motegi H, Yamaguchi S, Okamoto M, Ishi Y, Endo S, Kaneko S, Kobayashi H, Terasaka S, Houkin K:Novel risk factors and management of brain sag after brain tumor surgery Interdiciplinary Neurosurgery 2020

2. Yukitomo Ishi, Shunsuke Terasaka, Hiroaki Motegi:Retrosigmoid Intradural Suprameatal Approach for Petroclival Meningioma. Journal of neurological surgery. Part B, Skull base 2019

3. Motegi H, Kobayashi H, Terasaka S, Yamaguchi S, Ishi Y, Ito Y, Houkin K. Application of endoscopic ultrasonography to intraventricular lesions. Acta Neurochir (Wien). 2016 Jan;158(1):87-92

4.Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Houkin K.:Type 1 collagen as a potential niche component for CD133-positive glioblastoma cells. Neuropathology. 2014 Aug;34(4):378-85.

5.Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Yamaguchi S, Tanino M, Murata J, Houkin K. :IDH1 mutation as a potential novel biomarker for distinguishing pseudoprogression from true progression in patients with glioblastoma treated with temozolomide and radiotherapy. Brain Tumor Pathol 2012 Jul 3.

■ メッセージ

北大 脳神経外科に入局し、はや10数年…。「患者第一」で診療に取り組む先輩方の影響か、自身も「何が患者さんのためにベストなのか」模索しながら診療をしています。その様な中で、先輩達から受け継いだ知識、経験、技術を後輩たちに良い形で繋いでいくことが自身に課せられた最も重要な任務だと考えています。

助教 山﨑 和義

YAMAZAKI KAZUYOSHI

■ 専門分野

脊髄外科、機能外科

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
脊椎脊髄外科専門医
日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定医

■ 略歴

2008年北海道大学卒業
2008年4月〜2009年3月 : 網走厚生病院(初期臨床研修医)
2009年4月〜2010年3月 : 北海道大学病院(初期臨床研修医)
2010年4月〜2011年9月 : 釧路労災病院 脳神経外科
2011年10月〜2012年3月 : 北海道大学病院 脳神経外科
2012年4月〜2012年9月 : 手稲渓仁会病院 脳神経外科
2012年10月〜2013年9月 : 北海道大学病院 脳神経外科
2013年10月〜2017年3月 : 釧路労災病院 脳神経外科
2017年4月〜 : 北海道大学病院 脳神経外科

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会、日本脊髄外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄障害医学会、日本定位・機能神経外科学会、日本ニューロモデュレーション学会、日本てんかん学会、日本神経内視鏡学会、日本小児神経外科学会、日本脳卒中学会

■ 主要論文

1. Yamazaki K, Kawabori M, Seki T, Takamiya S, Tateno T, Konno K, Watanabe M, Houkin K : FTY720 Attenuates Neuropathic Pain after Spinal Cord Injury by Decreasing Systemic and Local Inflammation in a Rat Spinal Cord Compression Model. J Neurotrauma 37, 1720-1728, 2020

2. Yamazaki K,Kawabori M, Seki T, Houkin. K,:Clinical Trials of Stem Cell Treatment for Spinal Cord Injury. Int J Mol Sci,21(11), 2020

■ メッセージ

脊髄・末梢神経の外科治療に加えて、脳深部刺激療法・脊髄刺激療法といったニューロモデュレーション治療(神経を電気刺激などで修飾して疾患の治療を行う)を担当させて頂いております。
研究は、脊髄疾患の再生医療に加えて、先端生命科学研究院と粒子状血管内塞栓物質の開発にも携わっております。

客員研究員 鐙谷 武雄

ABUMIYA TAKEO

■ 専門分野

脳血管障害

■ 資格

日本脳神経外科学会認定医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医 

■ 略歴

1984年:旭川医科大学卒業、北海道大学脳神経外科入局
1991年:国立循環器病センター研究所 リサーチレジデント、研究室員
1996年~1998年:米国サンディエゴ スクリプス研究所 研究留学
2013年:北海道大学脳神経外科 助教
2018年:北海道大学脳神経外科 客員臨床准教授/客員研究員
2019年:宮の森記念病院 副院長 

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳循環代謝学会、日本血栓止血学会

■ 主要論文

1. Ito Y, Abumiya T et al. Neuroprotective effects of combination therapy of regional cold perfusion and hemoglobin-based oxygen carrier administration on rat transient cerebral ischemia. Brain Research 2020; 1746 147012

2. Gekka M, Abumiya T, et al. Novel hemoglobin-based oxygen carrier bound with albumin shows neuroprotection with possible antioxidant effects. Stroke 2018; 49(8) 1960-1968

3, Shimbo D, Abumiya T, et al. Superior microvascular perfusion of infused liposome-encapsulated hemoglobin prior to reductions in infarctions after transient focal cerebral ischemia. Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases 2017; 26(12) 2994-3003

4, Kurisu K, Abumiya T, et al. Transarterial regional hypothermia provides robust neuroprotection in a rat model of permanent middle cerebral artery occlusion with transient collateral hypoperfusion. Brain Research 2016; 1651 95-103

5, Kurisu K, Abumiya T, et al. Transarterial regional brain hypothermia inhibits acute aquaporin-4 surge and sequential microvascular events in ischemia/reperfusion injury. Neurosurgery 2016; 79(1) 125-134

■ メッセージ

脳血管障害を専門として、主に大学院生の基礎研究の指導に携わっています。虚血再灌流傷害の病態解明とそれに対する脳保護療法(局所冷却灌流、人工酸素運搬体投与)の研究を行っています。大学院生には、基礎研究を通じて多様性、創造性、柔軟性、等、多くの事を学んでもらいたいと思っています。