北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

医員 岡本 迪成

OKAMOTO MICHINARI

■ 専門分野

脳腫瘍

■ 資格

日本脳神経外科専門医

■ 略歴

北海道大学卒業
2012年~:JA北海道厚生連帯広厚生病院
2014年:北海道大学脳神経外科入局
2014年~2018年:後期研修(北海道大学病院、渓和会江別病院、日本赤十字社旭川赤十字病院)
2018年~:国立病院機構北海道医療センター
2019年~:北海道大学大学院医学研究科脳神経外科

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍の外科学会
日本脳腫瘍病理学会
日本神経内視鏡学会
日本人類遺伝学会

■ 主要論文

1. Diagnostic Capability of Cerebrospinal Fluid-Placental Alkaline Phosphatase Value in Intracranial Germ Cell Tumor.
Okamoto M, Yamaguchi S, Ishi Y, Motegi H, Mori T, Hashimoto T, Terashita Y, Hirabayashi S, Sugiyama M, Iguchi A, Cho Y, Manabe A, Houkin K.
Oncology. 2021;99(1):23-31. doi: 10.1159/000509395. Epub 2020 Sep 9.
PMID: 32906115

2. Microsurgical Findings of Pial Arterial Feeders in Intracranial Dural Arteriovenous Fistulae: A Case Series.
Okamoto M, Sugiyama T, Nakayama N, Ushikoshi S, Kazumata K, Osanai T, Tokairin K, Shimoda Y, Houkin K.
Oper Neurosurg (Hagerstown). 2020 Jul 27:opaa218. doi: 10.1093/ons/opaa218. Online ahead of print.
PMID: 32717026

■ メッセージ

脳神経外科一般の診療から脳腫瘍の専門領域までの臨床業務に携わります。現在は脳腫瘍、特に神経膠腫の遺伝子解析を中心に研究を行っております。患者さんが安心できる医療を提供できるよう臨床・研究とも継続してまいります。

医員 高宮 宗一朗

TAKAMIYA SOICHIRO

■ 専門分野

脊髄外科・機能外科

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
脊椎脊髄外科専門医

■ 略歴

北海道大学卒業
2014年:北海道大学脳神経外科入局
2014年~2017年:北海道大学病院、札幌麻生脳神経外科病院、
         手稲渓仁会病院で後期研修
2017年~2019年:柏葉脳神経外科病院
2019年~:北海道大学大学院医学研究科脳神経外科

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脊髄外科学会
日本脳神経血管内治療学会
日本定位・機能外科学会
日本小児神経外科学会
日本脳卒中学会

■ 主要論文

1. Soichiro Takamiya, Kazuyoshi Yamazaki, Kikutaro Tokairin, Toshiya Osanai, Takafumi Shindo, Toshitaka Seki, Miki Fujimura. Intraoperative identification of the shunt point of spinal arteriovenous malformations by a selective arterial injection of saline to subtract signals of indocyanine green (3S-ICG): technical note. World Neurosurg 2021. 151:132-137.

2. Soichiro Takamiya, Toshitaka Seki, Kazuyoshi Yamazaki, Shunsuke Yano, Kazutoshi Hida. Efficacy of two-stage surgery for spinal cord ependymomas. Asian Spine J 2021. in press.

3.Soichiro Takamiya, Kanako C Hatanaka, Yukitomo Ishi, Toshitaka Seki, Shigeru Yamaguchi. Spinal cord anaplastic astrocytoma with BRAF V600E mutation: A case report and review of literature. Neuropathology 2020. 40:275-279.

4.Soichiro Takamiya, Toshiya Osanai, Toshitaka Seki, Noriyuki Fujima, Kazutoshi Hida, Takeshi Asano, Kazuyoshi Yamazaki, Shuji Hamauchi, Toru Sasamori, Kota Ono, Shunsuke Terasaka, Kiyohiro Houkin. Estimation of the number of feeding arteries of spinal arteriovenous malformations by using three-dimensional digital subtraction angiography. Eur Spine J 2019. 28:842-848.

5.Soichiro Takamiya, Toshitaka Seki, Kazuyoshi Yamazaki, Toru Sasamori, Kiyohiro Houkin. Intraoperative visualization of a spinal arachnoid cyst by using pyoktanin blue: technical note. World Neurosurg 2018. 109:18-23.

■ メッセージ

臨床では脊髄疾患や機能外科を中心に診療にあたっています。研究では、脊髄損傷や脳出血に対する再生医療(細胞治療)に関する研究を行っています。研究で得た成果を、実際の医療の現場で役に立つ形に実現することを目標に、臨床・研究の両輪で努力して参ります。

医員 澤谷 亮祐

SAWAYA RYOSUKE

■ 専門分野

脳腫瘍

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医

■ 略歴

北海道大学卒業
2014年4月~:初期臨床研修医(北海道大学病院・旭川赤十字病院)
2016年4月~:北海道大学脳神経外科入局
2016年10月~:苫小牧市立病院
2017年4月~:北海道大学病院
2017年10月~:渓和会江別病院
2018年4月~:北海道大学病院
2019年10月~:手稲渓仁会病院
2021年4月~ 北海道大学医学院医学研究科 脳神経外科(大学院生)

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会
日本神経内視鏡学会
日本脳血管内治療学会

■ メッセージ

2021年より北海道大学に大学院生として戻りました。グリオーマの遊走に関わる研究を開始しております。現在は研究中心の生活ですが、徐々に脳腫瘍の診療に携わっていく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。