> 教室紹介

教室紹介

脳神経分野において、最先端の研究・診療・教育に取り組む教室であるために。

研究
脳血管障害研究では、虚血脳に関する研究業績が多数あります。虚血脳障害の機構解明、代謝障害の研究、脳循環の画像化では、国際的なレベルに達しております。最近は、脳動脈瘤生成に関する臨床研究、基礎研究、血行力学的研究も開始されています。脊髄疾患に関する研究は、教室の特徴の一つですが、脊髄損傷・再生に関する研究を中心に進めています。脳腫瘍研究では、遺伝子異常、薬物反応性・耐性に関する基礎研究、超音波、光を利用した新治療の開発、新しい分子マーカーによる画像研究、手術用新素材の開発など、先駆的な研究が進んでいます。
加えて、教室が最も力を注いでいる研究は、骨髄幹細胞を用いた各種の細胞療法の基礎研究、橋渡し研究です。この領域は、世界的にも競争の激しい領域ですが、脳梗塞に対する臨床トライアルの開始を目指しています。


診療
脳神経外科の全ての領域において、トップレベルの診療が行われています。なかでも、もやもや病、小児脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、脊髄腫瘍、脊髄動静脈奇形などでは、数多くの治療を行っています。


教育
脳神経外科専門医、各領域の専門医の育成に必要な施設基準、資格、症例を有しており、関連病院と合わせると、多岐な領域の専門医取得が可能です。また、医学部学生、大学院学生に対する教育も組織的に行っています。