> 研究紹介

研究紹介

研究概要
脳血管障害、脳腫瘍、脊髄/機能外科の3部門において、それぞれ基礎研究、臨床研究を行っています。脳血管障害については、脳梗塞に対して、急性期での複数の脳保護療法、亜急性期~慢性期での自己骨髄間質細胞移植による再生治療の開発を行い、一部は臨床への橋渡し研究が進行しています(下段のRAINBOW project、COOL IVR study)。また、脳動脈瘤の破裂メカニズムの解明のために3D画像、病理、動物モデルの解析を統合した研究を行っています。もやもや病に関しては、下段のレジストリ構築・生体試料バンキング研究の他、MRIでの脳ネットワーク解析、新規バイオマーカー探索、さらにはiPS細胞を用いた病態発生メカニズム解明の研究を行っています。血管内治療領域では新たな塞栓物質の開発、地域医療システム構築のための研究を行っています。脳腫瘍については、神経膠腫に対して、遺伝子解析の成果を基にした新たな分子分類の構築を目指す研究、また光線・音響力学を利用した新規的治療法の研究を行っています。また、iPS細胞を用いた疾患特的腫瘍モデルの確立を目指す研究にも着手しています。臨床面では、メチオニンPETを用いた放射線壊死と腫瘍再発の鑑別のための研究、小児脳腫瘍の陽子線治療の研究、個別化医療に向けた脳腫瘍バイオバンクの研究を行っています。脊髄/機能外科については、外科的治療が困難な脊髄癒着性くも膜炎の動物モデルを作成し、骨髄間質細胞による神経保護効果、抗炎症効果を検討する研究を行っています。また、脳深部刺激療法後に生じる高次脳機能変化について臨床心理検査と機能画像検査を組み合わせて解析する研究を行っています。
kenkyu_gaiyou

 

『新たな培養・移植・イメージング技術を駆使した自己骨髄間質細胞移植による脳梗塞再生治療』-RAINBOW Project-
医療が進歩した今でも寝たきりや車いす生活など脳梗塞の後遺症は依然重篤なものであり、より効果的な治療法が求められています。脳梗塞によって失われた機能の回復を促す手段として、神経細胞などに分化する可能性をもつ幹細胞(iPSや骨髄幹細胞など)に注目が集まっています。当科では、医師主導型治験として、患者様ご本人から摘出した骨髄幹細胞を培養増殖し、脳内に戻すという研究の準備を進めており、近く患者様の参加を開始する予定です。これによって次世代脳梗塞治療法の確立を目指しています。
『 血管内血栓除去治療と局所脳冷却灌流治療の併用についての探索的臨床研究』-COOL IVR Study-
近年、血管内治療による血栓除去療法が脳梗塞の急性期治療として有効であるというランダム化研究の結果が相次いで報告されました。しかし、一部の症例では虚血再灌流傷害によると思われる著しい脳浮腫、出血性梗塞を来たし、予後不良となってしまうことがあります。我々は動物モデルを用いた基礎研究において、経動脈的な局所脳冷却灌流治療が脳梗塞を縮小させることを明らかにしてきました。この研究成果を生かし、今回の研究では、主幹動脈閉塞のある脳梗塞で血管内血栓除去治療を行う症例において、今回我々が考案した局所脳冷却灌流治療を行い、この治療法の安全性を検討することを一番の目的としています。
『 もやもや病のレジストリ構築と生体試料バンキング研究』
もやもや病はこれまで国内外にて多くの研究がなされてきました。しかしながら、いまなお、この疾患についてはよくわかっていないことも多く残っています。この研究では、北海道大学脳神経外科が中心となり、全国規模の患者登録システム(患者レジストリ)を構築し、疫学的データの収集、将来における様々な臨床研究を促進することを目的としています。同時に血液や組織を保管する生体試料バンクを構築し、得られたゲノム情報などを臨床データと連携させることで、新たな診断・治療・予防法の開発、個別化医療の実現などを目指します。詳しくはこちら