> 教室紹介 > 教室のあゆみと歴代教授

教室のあゆみと歴代教授

開設からの概要
北海道大学医学部附属病院における脳神経外科の診療は、昭和33年1月、都留美都雄が5年余りにわたる米国留学から帰国してから、第一外科学講座、精神医学講座の一部門として、本格的に行なわれるようになりました。都留美都雄は、昭和18年9月に北海道帝国大学医学部医学科を卒業したのち、北海道帝国大学医学部産婦人科、北海道大学医学部第一外科を経て、昭和27年5月、アメリカ合衆国へ留学しました。Albany Madical School、Medical School of Harvard University、Medical School of Tuft Universityにて脳神経外科の研鑽を積まれました。帰国後、昭和33年7月24日、都留美都雄は精神科医学講座の講師に任ぜられ、東病棟の完成とともに定床18(大部屋4室、個室2室)も設置されました。18床のベッドは初日から満床になったと言われています。昭和34年2月、都留美都雄は精神医学講座の助教授に昇任しました。昭和36年には診療チームの体制が整ってきたので、都留美都雄が留学中に経験してきた6年間のレジデント研修システムが開始され、現在まで北海道大学脳神経外科の大きな特徴となって続けられています。
history-ph01
  bnr

history-ph02
都留 美都雄(初代教授) 昭和40年~昭和59年
昭和40年4月には国立大学としては第3番目の脳神経外科学講座と診療科が設置され、初代教授に都留美都雄が就任しました。病室は大部屋2室、個室2室が増加となり38床となりました。この時期、北海道における脳神経外科診療を飛躍的に発展させた功績は大きく、現在もきわめて高く評価されています。都留は、昭和45年11月17~19日には日本脳神経外科学会総会、昭和59年には日本神経学会などの学会を会長として主催しました。また、昭和50年9月には脳神経外科学講座開設10周年を記念して、「北大脳脳神経外科10年の歩み」が発行されました。この中には脳神経外科学講座の生い立ちと発展が詳細に記されていて、当時の雰囲気がよく伝わってきます。
history-ph03

阿部 弘(第2代教授) 昭和59年~平成12年
昭和59年には、第2代教授として阿部 弘が就任しました。阿部 弘は、昭和36年3月に北海道大学医学部医学科を卒業し、北海道大学医学部助手、同附属病院講師を経て、昭和44年6月~昭和46年12月、米国オハイオ州立大学に留学し、昭和48年、北海道大学医学部助教授となったのち、当講座を担当されました。阿部 弘は、脳腫瘍、脳血管疾患、脊椎脊髄疾患に関わる臨床的、基礎的業績を数多く生み出し、国内外からきわめて高い評価を受けました。また、平成7年からは北海道大学医学部附属病院長を併任されました。当教室が主宰した学会も数多く、日本脳腫瘍カンファランス(昭和57年)日本脳神経外科コングレス (昭和62年)、日本パラプレジア医学会(平成元年)、下垂体腫瘍ワークショップ(平成2年)日本脊髄外科研究会 (平成4年)、日本頭蓋底外科学会(平成9年)、日本脳卒中の外科学会 (平成10年)、日本脳神経外科学会総会 (平成10年)、国際脳腫瘍カンファランス (平成11年)などが開催されました。平成10年4月には大学院大学への移行にともない、脳科学専攻神経病態学講座脳神経外科分野となりました。

瑞寶中綬章を受章されました

%e5%b2%a9%ef%a8%91%e6%95%99%e6%8e%88%e3%80%80hp%e5%86%99%e7%9c%9f
岩﨑 喜信(第3代教授) 平成12年~平成21年
平成12年8月には、第3代教授として岩﨑喜信が就任しました。岩﨑喜信は、昭和46年3月、北海道大学医学部医学科を卒業し、北海道大学医学部助手、同講師を経て、昭和60年7月より米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学し、昭和62年12月に北海道大学医学部助教授となったのち、当講座を担当されました。脳神経外科の分野では各疾患に対する外科治療成績は年々向上し、飛躍的な発展を遂げました。MRIやMEG、PETといった高度な診断技術の発展がそれを強力に支えました。分子生物学的アプローチもさかんに行なわれており、脳腫瘍の遺伝子診断、脊髄損傷の受傷メカニズム解明、虚血脳の病態解明などが21世紀の医療の姿を模索しました。また、より幅広い診療・研究を目指し2005年から診療科名を「神経外科」とあらためました。