北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

スタッフプロフィール

医員 内野 晴登

UCHINO HARUTO

■ 専門分野

脳血管障害

■ 資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医・指導医

■ 略歴

2008年 北海道大学医学部卒業
2008年 帯広厚生病院臨床研修医
2009年 北海道大学病院 臨床研修医
2010年 札幌麻生脳神経外科病院 脳神経外科医師
2011年 北海道大学病院 脳神経外科医員
2012年 小樽市立病院 脳神経外科医師、北海道大学病院 脳神経外科医員
2013年 苫小牧市立病院 脳神経外科医師
2014年 北海道大学病院 脳神経外科医員
2017年 北海道大学大学院医学研究科博士課程修了
2017年 富山大学医学部 脳神経外科助教
2018年~2020年 米国スタンフォード大学ポストドクトラルフェロー
2020年 渓和会江別病院 脳神経外科医長
2022年 北海道大学病院 脳神経外科医員

■ 主な所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳循環代謝学会

■ 主要論文

1. Uchino H, et al. Crossed cerebellar diaschisis as an indicator of severe cerebral hyperperfusion after direct bypass for moyamoya disease. Neurosurg Rev. 2021 Feb;44(1):599-605.
2. Uchino H, et al. Using postoperative remodeling of donor arteries on MR angiography to predict the development of surgical collaterals in moyamoya disease. J Neurosurg. 2019Nov 8:1-9.
3. Uchino H, et al. Synergistic Interactions Between Direct and Indirect Bypasses in Combined Procedures: The Significance of Indirect Bypasses in Moyamoya Disease. Neurosurgery. 2017 Feb 1;80(2):201-209.
4. Uchino H, et al. Edaravone Reduces Hyperperfusion-Related Neurological Deficits in Adult Moyamoya Disease: Historical Control Study. Stroke. 2016 Jul;47(7):1930-2.
5. Uchino H, et al. Predictors and clinical features of postoperative hyperperfusion after surgical revascularization for moyamoya disease: a serial single photon emission CT/positron emission tomography study. Stroke. 2012 Oct;43(10):2610-6.

■ メッセージ

これまで脳卒中を中心とした診療に携わり、脳卒中の外科手術のトレーニングを受けてきました。もやもや病の臨床・基礎研究も行ってきたほか、医療ICT普及に関する研究も新たに開始します。