北海道大学 大学院医学研究院 脳神経外科

対象疾患詳細

未破裂脳動脈瘤

脳動脈瘤は破裂すると、くも膜下出血という重大な病気を起こす脳血管疾患です。未破裂脳動脈瘤と診断された患者の皆様におきましては、破裂予防の治療を行うか経過観察を選択されるか、迷われる方も多いと思います。当科では標準的な脳血管画像検査に加え、高感度MRIを駆使した動脈瘤形態と壁の状態診断を基に、患者さんごとに状態の説明を行い、理解していただいた上でエビデンスに基づき治療方針を決定していきます。複数の専門診療科や専門多職種との連携による内科リスクの管理も含めた「トータルケア」のもと、標準的な動脈瘤根治的治療だけでなく、標準治療が困難な動脈瘤に対するバイパス術を併用した外科治療、フローダイバーターによる血管内治療(後述)を提供し、未破裂脳動脈瘤の破裂予防を行なっています。

脳血管内治療

従来は治療が難しかった脳血管疾患に対しても、血管内治療はデバイスの進歩が著しい領域であり、治療選択肢が増えてきています。例えば、大型/巨大脳動脈瘤などでは、従来の標準的な方法(クリッピング術やコイル塞栓術)のみでは治療困難な場合があります。当科では、各種バイパス術を駆使した脳動脈瘤治療を積極的に行ってきた実績がありますが、最近ではそれに加え、フローダイバーターステントなどの新規治療法も加わり、より多彩な治療の実現が可能となっています。いずれも高度な治療ですが、当科にはそれぞれの治療で専門医が在籍しており、札幌でフローダイバーター治療が可能な唯一の総合病院として、患者さんの病状などにより最適な治療を提供します。

虚血性疾患

脳に酸素と栄養を送る血管が詰まる病気(脳梗塞)は重度の後遺症を生じる可能性のある大変恐ろしい病気で、当科では予防と万が一の際の治療の両面に対して全道トップレベルの治療を提供しています。予防には内服治療・手術治療・カテーテル治療など複数の治療選択肢がありますが、当科では日本をリードする技術・知識を有する専門医・指導医がチームを形成し、患者さん一人一人に合った最適な治療法を提示しております。また、万が一の際にも最新の医療技術・機器を駆使し高度な医療を要する三次救急施設としての役割を担い治療に当たっています。大学病院ならではのハイレベルな医療連携を活用する事で、透析中の方や膠原病・悪性腫瘍を患っている方など全身管理が非常に難しい患者さんに対して対応できるのも当科の強みです。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形(AVM)は若年者の脳出血・てんかんを生じる重要な疾患であり、複雑な血管構造や周囲脳の脳機能などを考慮し、個々の症例で適切な治療手段を考えなければならない集学的な治療を要する疾患です。治療手段も、外科的根治術に加えて、放射線治療、血管内塞栓術、これらのコンビネーション治療など多岐に及ぶうえ、周術期にも厳密な管理が必要です。国内有数の治療経験を誇る北海道大学病院では、先進的な画像診断、手術支援機器なども駆使し、経験豊富な脳血管外科医・脳血管内治療医・放射線治療医・集中治療医による包括的な体制で、患者さん一人一人へ最適な治療提供を心がけています。遺伝性難病疾患であるオスラー病に関しては、多臓器合併症への診療科横断的対応や遺伝カウンセリングも提供しています。

神経膠腫

神経膠腫は程度の差はありますが「悪性」腫瘍であり、手術のみで治癒することは多くありません。放射線や化学療法が必要ですが、腫瘍個々の特性により治療効果が異なるため、適切な治療戦略にはこれらの知識が必須です。そして、個々の治療戦略に基づいた手術を行うために必要なのが、高度な手術手技と、それを支える術中ナビゲーションや蛍光診断などの手術支援装置、神経モニタリングなどです。当院ではこれらの最新機器を用いた手術を行います。悪性腫瘍であるからこそ妥協をしない手術が必要であり、確実な言語機能温存を企図する場合などには、患者さんの協力の下で覚醒下手術を行うこともあります。
さらに、少しでも予後を改善させるべく、様々な治験や臨床試験に参加しています。これらは科学的背景の裏付けのある新規治療であり、患者さんの不利益にならない新たな治療選択肢です。状況に応じて治療選択肢の一つとして相談させていただきます。

頭蓋底腫瘍

頭蓋底とは

脳を支え守り、鼻・副鼻腔といった場所からの感染を防ぐバリアの役割も担っています。その一方で、血管や脳神経などの重要な構造が行き来する交通の要所でもあります。

頭蓋底腫瘍とは

血管や神経がひしめく複雑な部位にできるのが頭蓋底腫瘍です。細い血管が1本ダメージを受けただけで、手足・顔面の麻痺などが起きてしまうこともあります。頭蓋底手術においては、いかに症状を抑えながら問題となっている腫瘍に対処するのか、が最も重要です。知識や経験はもちろんのこと、北大病院では運動神経や視力、聴力、顔面神経等の脳機能を守るために高度なモニタリングを駆使して手術を行います。腫瘍によっては、頭を切らずに、鼻の穴から高精細の内視鏡を挿入し、脳へのダメージを最小限に抑えた頭蓋底手術も可能な場合があります。また、手術だけではなく、最適な治療を組み合わせて提供できるように放射線治療科などの他の専門科と連携して治療に取り組んでいます。

鼻から内視鏡を挿入し、脳の中心部の頭蓋底腫瘍を低侵襲に切除します。周囲には内頸動脈、脳底動脈などの重大な血管や目を動かす脳神経等があり、高度なモニタリングは必須です。

下垂体腫瘍

下垂体と下垂体腫瘍

下垂体は脳の下についている約8mⅿの小さな組織ですが、様々なホルモンを分泌し体の調子を整える大切な役割があります。下垂体腫瘍の種類によってはホルモンが出過ぎて、高血圧や糖尿病を合併し、顔や体格の変化も来す事があります。腫瘍が大きくなると視神経を圧迫して視野が狭くなる事もあります。各々の腫瘍によって切除方法が異なり、時に手術そのものが不要な場合もあります。北大病院では内分泌内科と連携し、最適な治療を提供しています。

下垂体腫瘍の手術

かつては開頭術や顔面の切開を行って手術が行われていました。最近は高画質の内視鏡を鼻から挿入して大小の重要な血管や神経を守りつつ腫瘍切除を行います。下垂体腫瘍は鼻腔の奥の頭蓋底部に存在しますが、腫瘍の拡がり方に応じて、骨を開ける範囲を拡大した方がより安全に摘出できる場合もあります。北海道大学では、時に耳鼻科医の協力のもと、複雑な手術を安全確実に行うようにしています。

鼻の孔から内視鏡を挿入し、脳を触らずに腫瘍を摘出します。
腫瘍のすぐ脇にある内頚動脈(⾚⽮印)損傷すると⼿⾜の⿇痺や失語を合併するため最⼤限の注意を払います。

小児脳腫瘍

小児には成人と異なる様々な種類の脳腫瘍が発生します。それぞれの頻度がとても低く、かつ疾患ごとに治療法が異なるため、症例の集約化が特に望まれる領域です。多くが悪性ですが、治療法の進歩で長期生存・治癒が期待できることも少なくありません。一方で、治癒が得られても問題になるのが、「脳」という臓器特有の重篤な後遺症です。我々は疾患の治療と同じくらい重要なテーマとして後遺障害の回避・軽減を目指しています。安全に高度な治療を行うために、小児科の腫瘍専門医と緊密な連携を取り、移植を用いた大量化学療法まで対応します。また、多くの腫瘍に必要な放射線治療ですが、治療効果を担保しつつ後遺障害を最大限軽減するために、国内最高峰の陽子線治療センターを有する当院ならではの治療を提供します。当然ながら、手術も極めて重要です。小児脳腫瘍の専門知識・治療経験を多く有する脳神経外科医が中心のチームで治療に当たります。

脊髄腫瘍

背骨の中を走る神経である脊髄の中や周辺にも腫瘍は発生します。北大脳神経外科の脊髄班は国内トップレベルの治療実績があります。背骨の治療とは異なる微細な操作が神経には求められます。

診断

MRIが基本で造影剤を使用したり、CT、PET等を併用します。術前に診断困難な場合、術中に脊髄を開いて採取した腫瘍の迅速病理診断から判定します。当院の特徴は、3テスラMRIによる精度の高い画像と、豊富な症例数の経験から、放射線や病理医師の診断精度も高い事が挙げられます。

手術

手術用ルーペより圧倒的に高い拡大率である手術顕微鏡を使用して最大限に脊髄を愛護的に操作し合併症の確率を下げます。硬膜切開により生じる髄液漏は顕微鏡でなければ処置は困難です。術前に腫瘍血管の閉塞のためカテーテル治療を行う場合、同じ脳外科内で塞栓術を行います。総合病院のため、手術前後の抗がん剤+放射線照射も連続して行うことや、全身の病気に対するリスク管理も可能です。

脊髄血管奇形

脊髄血管奇形は非常に稀な疾患ですが、北海道大学脳神経外科は歴史的に多くの診療実績を有しております。脊髄動静脈奇形、傍髄動静脈瘻、硬膜動静脈瘻、硬膜外動静脈瘻と、大きく4つに分類される本疾患群は、病変の複雑さも様々であり、種類に応じた適切な治療選択が不可欠です。当院では、脊髄外科グループ、血管内(カテーテル)グループ、放射線治療科が連携し、最適な治療法をご提案いたします。また、必要に応じてハイブリッド手術室(血管造影装置を備えた手術室)で、術中血管造影検査を行いながら外科手術を行っており、より精密な治療をご提供いたします。本疾患群の治療に有用な術中診断技術も、数多く世界に発信しております。

機能外科

近年、機能外科と呼ばれる分野の中で、比較的新しいニューロモデュレーション(神経の働きを電気信号や薬物などで修飾する)治療の発展は目ざましいものがあります。北海道大学脳神経外科では、以下の疾患に対するニューロモデュレーション治療を積極的に行っています。

  • ・パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア等⇒脳深部刺激療法(DBS)
  • ・難治性疼痛⇒脊髄刺激療法(SCS)
  • ・四肢痙縮⇒バクロフェン持続髄注療法(ITB)
  • ・難治性てんかん⇒迷走神経刺激療法(VNS)

道内最大規模の各分野のスペシャリストが集まる総合病院の強みを生かし、脳神経内科や神経科・小児科、リハビリテーション部門とも密に連携し、専門チームの知識を結集することで、詳細な手術前評価と周術期の管理、手術後の細やかなデバイス設定調整が可能となっています。さらに、飛躍的に進む技術革新の中で、次々に開発される新しいデバイスも積極的に導入し、チームで一丸となって最新の治療提供を目指しております。

てんかん外科

てんかんは、小児から成人、高齢者にも生じる疾患で、人口の約1%の有病率と言われています。適切な治療により、健常者と変わらない生活を送ることも可能な側面を持ちます。北海道大学病院では、2015年より小児科、脳神経内科、精神神経科、脳神経外科や多くの部門から構成されるてんかんセンターを設立(包括的てんかん専門医療施設に認定)し、あらゆる年齢層に対応し、薬物治療から外科治療まで、包括的な診療体制を整備しています(https://www.huhp.hokudai.ac.jp/center_section/tenkan/)。脳腫瘍や血管疾患の診療実績に加え、長時間脳波、PET、SPECT、高感度MRI、脳磁図検査などの先進的設備の充実も、大学病院の特徴と言えます。